トップページ » 枚方病院 放射線治療科

枚方病院 放射線治療科

放射線治療とは

放射線治療は手術、薬物療法と並ぶがん治療の3本柱のひとつで、全身ほとんどの部位にある多くの種類のがんが治療の対象です。早期がんであれば放射線治療単独での根治も可能です。また治すことを目的とした治療(根治治療)から、症状を和らげるための治療(緩和治療)まで幅広い役割を担うことができる治療です。

通常の外部放射線治療の場合、治療時に麻酔は必要なく放射線照射中の痛みもありません。このように体への負担が少ないので、ご高齢の方や合併症があって手術が受けられない方でも治療ができます。また放射線治療ではがんを治すだけでなく、正常な臓器の形や機能を残すことができるという大きな特徴があります。

放射線治療の治療法や特徴は、日本放射線腫瘍学会の動画ページ(見て聴いて知る!がんの放射線治療 )もぜひご覧下さい。

強度変調放射線治療(IMRT)とは

強度変調放射線治療は専用のコンピュータを用いて照射野の形状を変化させたビームを用いて、がんの形に合わせた放射線治療を行う新しい照射方法です。がんの部分に放射線を集中し、周囲の正常組織への照射を減らすことができるため、副作用を増やすことなく、より強い放射線をがんに照射することが可能です。

当院では2015年から強度変調放射線治療の保険診療を開始し、前立腺がん、頭頸部がん、脳腫瘍、婦人科がん、膵がんなど全身すべてのがんに応用しています。詳しくは院内広報誌つなぐ(2015年版)に掲載された記事もご参照下さい(巻頭特集:高精度放射線治療IMRT導入) )。

放射線治療に関わるスタッフ

まず放射線治療医(放射線腫瘍医)が、個々の患者さんに最適な照射の方法と投与量を決定いたします。放射線腫瘍医は高度の教育を受けた医療チームを率いています。放射線治療のチームには以下のスタッフが含まれます。

薬剤師・理学療法士・ソーシャルワーカーなど、他の専門家のサービスも受けることができます。
放射線治療についてご質問がございましたら、どうぞお気軽にスタッフまでお尋ね下さい。

診療実績

すべての種類のがん・悪性腫瘍を対象に毎年800例以上の診療を行っております。

主な疾患:乳がん240例、頭頚部がん110例、肺がん110例、前立腺がん70例、食道がん40例、肝胆膵がん40例、婦人科腫瘍40例、脳腫瘍30例

外来診療日程:事前予約が必要です。セカンドオピニオン外来も積極的にお受けしております。

スタッフ紹介

中村 聡明

准教授 診療科長
附属病院がんセンター副センター長
中村 聡明 (なかむら さとあき)教員情報

日本医学放射線学会 放射線治療専門医・研修指導者
日本がん治療認定医機構 認定医・指導責任者

おもな著書(共著)      
 がん・放射線療法(2017、学研メディカル秀潤社)
 がん放射線療法UPDATE (2017、医歯薬出版株式会社)
 放射線治療計画ガイドライン(2016、金原出版)
 膵癌診療ガイドライン(2016、金原出版)
 患者さんと家族のための放射線治療Q&A(2015、金原出版)
 頭頸部がん薬物療法ガイダンス(2015、金原出版)      
 膵がん診療と化学療法(2015、ヴァンメディカル)
 放射線治療学(2014、南山堂)      


小島 博之

診療講師
小島 博之 (こじま ひろゆき)教員情報

日本医学放射線学会 放射線治療専門医・研修指導者

専門 婦人科がん、肺がん、緩和医療


林 謙治

助教
林 謙治 (はやし けんじ)教員情報

日本医学放射線学会 放射線治療専門医・研修指導者

専門 食道がん、頭頸部がん、前立腺がん


武川 英樹

病院助教・医学物理士
武川 英樹 (たけがわ ひでき)

医学物理士認定機構 医学物理士

専門 高精度放射線治療、モンテカルロシミュレーション


角田 貴代美

大学院生
角田 貴代美 (すみた きよみ)



ページの先頭へ