血管造影IVR

IVR~Interventional Radiology~とは

IVR(アイ・ブイ・アール)とは日本語では画像下治療と訳します。エックス線透視、超音波、CTといった画像診断装置を用いて、外科手術のような切開をせず、カテーテルや針などの器具を利用して遠隔操作で検査や治療を行うものです。
切開を行わないので患者さんの体への負担が少ないです。治療期間も短くなります。しかしながら高価な診断機器、器具、高い技術を要します。関西医科大学附属病院血管造影IVR科はこのような高度なIVR治療を行う部門です。

血管造影IVR科について

スタッフ

谷川 昇教授

放射線診断専門医/IVR学会専門医

狩谷 秀治病院教授/血管造影IVR科長

放射線診断専門医/IVR学会専門医

中谷 幸助教

放射線診断専門医/IVR学会専門医

小野 泰之病院助教

丸山 拓士病院助教

施設概要

本施設はIVR専門医修練認定施設です。IVR学会のホームページは下記よりご覧頂けます。

IVR専門医修練認定施設 
関西地区一覧
IVR手技別病院検索 
関西地区

使用装置
  • IVR-CTシステム
    (フラットパネル搭載血管造影装置+16列MDCT,CT透視)
  • バイプレーン血管撮影装置
  • 超音波装置  2台
  • X線テレビ装置  2台
画像:使用装置

関連サイト

関西医科大学附属総合医療センター