ホームページ タイトル 本文へジャンプ
Dept. of Molecular Genetics,

Institute of Biomedical Science,

Kansai Medical University
イメージ

-新着情報-
2017年3月
Ueda Y., Kondo N., Ozawa M., Tomiyama T., Yasuda K., Kinashi T., Sema3e/plexin D1 modulates immunological synapse and migration of thymocytes by Rap1 inhibition  J Immunol . 2016 Apr 1;196(7):3019-31. doi: 10.4049/jimmunol.1502121. がWorld Biomedical Frontiers Editors’Picks 2017年Mar.に選ばれました。  

2017年1月30日
Kondo N, Ueda Y, Kita T, Ozawa M, Tomiyama T, Yasuda K, Lim DS, Kinashi T. NDR1-dependent regulation of kindlin-3 controls high-affinity LFA-1 binding and immune synapse organization. Mol Cell Biol. 2017 Jan 30. pii: MCB.00424-16. doi: 10.1128/MCB.00424-16. [Epub ahead of print]

20164月1日

上岡裕治先生が講師として着任されました。

20164月1日

Ueda Y., Kondo N., Ozawa M., Tomiyama T., Yasuda K., Kinashi T., Sema3e/plexin D1 modulates immunological synapse and migration of thymocytes by Rap1 inhibition  J Immunol . 2016 Apr 1;196(7):3019-31. doi: 10.4049/jimmunol.1502121.

20149月1日
喜多俊行助教が着任しました。

20148月31日
片貝智哉先生が新潟大学医学部・教授就任のため、転出されました。

20146月16日
Katakai T., Kondo N., Ueda Y., and Kinashi T., Autotaxin Produced by Stromal Cells Promotes LFA-1?Independent and Rho-Dependent Interstitial T Cell Motility. 2014;J Immunol 2014; 193:617-626; Prepublished online 16 June, (doi: 10.4049/jimmunol.1400565)

20139月9日
Tomiyama T, Ueda Y, Katakai T, Kondo N, Okazaki K, Kinashi T. Antigen-specific suppression and immunological synapse formation by regulatory T cells require the mst1 kinase. PLoS One. 2013 Sep 9;8(9):e73874. doi: 10.1371/journal.pone.0073874

Katakai T, Habiro K, Kinashi T. Dendritic Cells Regulate High-Speed Interstitial T Cell Migration in the Lymph Node via LFA-1/ICAM-1. J Immunol  191(3):1188-99. 2013  DOI: 10.4049/jimmunol.1300739

201210月16日
英国科学誌「Nature Communications 」に論文を発表しました。

Ueda Y,  Katagiri K, Tomiyama T, Yasuda K,Habiro k, Katakai T, Ikehara S, Matsumoto M, Kinashi T. Mst1 regulates integrin-dependent thymocyte trafficking and antigen recognition in the thymus.
Nat Commun. 2012 Oct 2;3:1098. doi:10.1038/ncomms2105.


胸腺はTリンパ球の分化・成熟に重要な器官です。
そこでは未熟T細胞が自己抗原と相互作用して、適切な免疫応答ができるものだけが選択され、成熟します。末梢リンパ節にくらべて胸腺内での未熟Tリンパ球の動態や抗原認識過程についてはいまだよくわかっていません。この論文では胸腺組織内における未熟T細胞の動きや選択にかかわる抗原認識にMst1を介するLFA-1/ICAM-1の接着調節が必要であることを示しました。この研究では負の選択過程でCD4陽性胸腺細胞がAire+ICAM-1+髄質胸腺上皮細胞と抗原特異的相互作用をする様子をライブ撮影することにはじめて成功しました。

この研究はCREST 「アレルギー疾患・自己面積疾患などの発症機構と治療技術:接着制御シグナルの破綻と自己免疫疾患」、および新学術領域「動く細胞と場のクロストークによる秩序の生成:細胞接着の時空間制御による免疫動態調節機構」によってサポートを受けています。   
CREST領域HPへ

新学術領域HPへ


20122月14日
新学術領域計画研究班 技術講習会を行いました。
 

20112月24
"Deficiency of Rap1-Binding Protein RAPL Causes Lymphoproliferative Disorders through Mislocalization of p27kip1"Immunity, 34(1):24-38, 28 January, 2011 
Faculty of 1000によって生物医学系論文トップ2%に選ばれました     

201114

CREST課題「接着制御シグナルの破綻と自己免疫疾患」関連

Rap1結合タンパク質RAPLによるリンパ球増殖制御と自己免疫疾患について
論文を発表しました(プレスリリース


"Deficiency of Rap1-Binding Protein RAPL Causes Lymphoproliferative Disorders through Mislocalization of p27kip1"

Immunity, 34(1):24-38, 28 January, 2011






〒573−1010
大阪府枚方市新町2−5−1
関西医科大学生命医学研究所分子遺伝学部門
電話:072-804-2420(教授室)
    072-804-2422(研究室)
FAX:072-804-2429

お問い合わせ先:kawasaka☆hirakata.kmu.ac.jp
       (☆をアットマークに変えてください。)
イメージ