沿革

当教室は1966年に景山直樹教授により創設されました。日本で脳神経外科学講座が開設され始めた頃で、伝統ある教室です。1971年に二代目松村浩教授、1993年に三代目に河本圭司教授、2011年4月より淺井昭雄が担当し、教室の益々の発展に教室員一同日々努力を重ねています。

 

1966年 初代教授として 景山直樹教授が就任

 

 

 





                                  初代 景山直樹教授

1971年 二代目教授として 松村浩教授が就任

1979年 附属病院 第三次救命救急センター開設





                               二代目 松村浩教

 
1993年 三代目教授として 河本圭司教授が就任

2006年 附属枚方病院開院

 

 

 

                               三代目 河本圭司教授

 

2008年 附属枚方病院第三次救命救急センター認可

2011年 四代目教授として 淺井昭雄教授が就任

2016年 附属枚方病院は関西医科大学附属病院に改称

   附属滝井病院は関西医科大学総合医療センター改称

                               四代目 淺井昭雄教授