附属病院ではGICU、4N、CCU、NICUなどの集中治療部門や一般病棟で
使用する人工呼吸器として
19機種80台ほど保有しています。(H29.4現在)
臨床工学技士は院内で使用している人工呼吸器の日常点検や定期点検、
人工呼吸器の設定条件や動作状況を確認するために病棟ラウンドや
定期的に呼吸器回路の交換を行っています。
機器の動作確認だけではなく、院内の呼吸療法チーム(RST)に参加し、
医師・看護師・理学療法士など他職種と連携をとっています。
中央手術室業務
人工呼吸器業務
関西医科大学附属病院 医用工学センター
本文へジャンプ
本文へジャンプ
人工呼吸器業務
人工呼吸器以外にシリンジポンプ、輸液ポンプ、
ベッドサイドモニタ、送信機、ポータブルエコー、
パルスオキシメーター、経腸用ポンプ
など様々なME機器の保守管理を行っています。
業務内容は病棟へのME機器貸し出し返却業務、
MEセンター返却後の清掃・点検業務、年間
スケジュールを組んでME機器の定期点検業務など
委託業者(日本ステリ)と協力して行っています。
心臓カテーテル室業務
血液浄化療法業務
内視鏡センター業務