関西医科大学附属病院 医用工学センター
本文へジャンプ
本文へジャンプ
内視鏡センター業務
当院内視鏡センターは、医師(消化器内科・外科、呼吸器内科・外科、
救急救命科)と看護師、臨床工学技士がチームとして内視鏡検査・
治療を行っています。
当院では、通常の上・下部内視鏡検査、気管支内視鏡検査に加え、
超音波内視鏡やカプセル内視鏡検査も行っています。
その他にESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)やEMR(内視鏡的粘膜切除術)
といったガン治療や、小腸疾患に対する小腸ダブルバルーン内視鏡、
胆管や膵管に対する治療であるERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影法)や
ダブルバルーン内視鏡を用いたERCP(DB−ERCP)など、専門的な治療を
行っています。
臨床工学技士の業務内容は、検査・治療に使用するビデオスコープの
取り付けや取り外し、点検や洗浄、処置具等の物品管理、高周波装置
などの内視鏡関連機器の保守点検や、検査室の準備、内視鏡関連機器や
処置具の操作、病棟や重症部門での出張内視鏡、内視鏡関連のトラブル
対応を行っています。
中央手術室業務
MEセンター呼吸器業務
心臓カテーテル室業務
血液浄化療法業務
内視鏡センター業務