関西医科大学
大学ホームページ
関西医科大学枚方病院
病院ホームページ
 
NCBI
 
関西医科大学 胸部心臓血管外科ホームページへようこそ
 
私たちのホームページににアクセスしていただきまして、
大変有難うございます。関西医科大学 胸部心臓血管外科
部長の湊直樹です。
 
 
 胸部心臓血管外科学教室は、本大学の診療科として1956年に開設されました。以来、人工心肺の導入等、心臓血管外科治療を全国に先駆けて行う等、本邦の胸部心臓血管外科医療の発展に多くの役割を担って参りました。2009年4月16日付けで、湊 直樹が第三代目の主任教授として着任しました。
 私たちは、心臓血管外科(循環器外科)と呼吸器外科の2つの診療科を持ち、それぞれで診療・教育・研究を行っています。
 2006年1月に枚方病院に移り、当院および近隣の循環器科、呼吸器科、内科の先生方との連携で、救急から慢性疾患まで幅広い医療活動を行っています。

2009年4月16日、湊 直樹が第三代目の主任教授として着任しました。
2013年4月:胸部および腹部大動脈瘤の低侵襲治療「ステントグラフト治療」を開始しました。まさに低侵襲であり、良好な成績を収めています。
2014年7月:小児心臓外科診療教授として金本真也が着任しました。「複雑先天性心疾患手術治療の充実」が図られました。
2015年4月に呼吸器外科診療教授として村川知弘が着任しました。「完全鏡視下肺葉切除」等、低侵襲手術も良い成績で行っています。
 一方、滝井病院では2013年7月に、日本の心臓血管外科の第一人者である川副浩平先生を特命教授として迎え、心臓血管外科手術を再開しました。
 設備、スタッフのさらなる充実化のもと最先端医療技術を取り入れ、安全第一をモットーに診療を行うことで、今後とも地域の皆様に広く貢献していきたいと考えています。
 
 
患者さん紹介用連絡先
心臓/血管病は、枚方病院「心臓血管外科」宛 にご紹介ください。
かかりつけのドクターからのご紹介の際には、ぜひ地域連携室をご利用下さい。
緊急に治療が必要な場合は、下記のとおり、胸痛センター内CCUホットライン、あるいは、心臓血管外科 待機医への相談を通じ、随時お受けします。

定時:地域医療連携室  072-804-2742 (fax: 072-804-2861)
緊急:CCUホットライン(胸痛センター) 072-804-2602
心臓血管病 医療相談:心臓血管外科 待機医 072-804-0101から呼び出し

「こういう状況だけれどどうしたら良いか」、「今すぐ紹介した方が良いのかどうか」等、診療上迷うことがございましたら、心臓血管外科の「待機医」を呼びだしてください。
日中、夜間いつでもご相談にのることが可能です。