関西医科大学総合医療センター 精神神経科 診療案内

当科では、児童領域を除く精神疾患、認知症疾患に幅広く対応しています。ご紹介いただいた患者さんは各曜日の初診担当医が診察し、基本的に2回目の受診から症例に応じた主治医が担当します。近年は診断、治療手法が大きく発展しており、例えば、統合失調症は単なる治療から社会参加を目指したリハビリテーションに舵を切っています。うつ病や双極性障害には個別性の高い薬物療法や脳刺激療法が開発されつつあります。また、認知症は今後も増加が見込まれ、更なる対応が求められています。各分野のエキスパートが診療にあたりますので、安心してご紹介ください。なお、当科は初診、再診ともに全例予約制ですので、ご理解いただけましたら幸いです。また、当院は医学教育機関であるため外来診療に研修医・医学生・看護学生等が同席する場合があります。

一般外来

関西医科大学総合医療センターのホームページにある診療日程表をご参照ください。

関西医科大学総合医療センター 外来日程表

ページTOPへ戻る

専門治療

ECT

患者様へ

現在、当院当科では入院治療の一環として、麻酔科医立ち会いのもとECT専用ユニットでパルス波治療器による修正型電気けいれん療法(以下、m-ECT)を施行しております。
当院でのm-ECT治療を希望される患者さまにおきましては、 必ず以下の手順を踏んでいただく必要があります。

また、当院当科での診察の結果、精神状態・身体状況から当院でのm-ECT施行を適応外と判断させていただくことがあります。その点、ご了承ください。

<当院での適応となりうる疾患>

薬剤治療抵抗性、薬剤による副作用が顕著、緊急性(自殺切迫、身体衰弱)などが認められる下記疾患
・ 大うつ病性障害
・ 双極性障害
・ 統合失調症
・ 統合失調感情障害

医療関係者の皆様へ

施行をご検討された場合は下記リンクから必要な用紙をダウンロードし、ご使用ください。実際に当院でのm-ECT施行をご希望される症例がおられた場合は、当院に“m-ECT希望症例の病状照会”用紙をFAX又は直接送付頂ければ幸いです。

m-ECTのご案内(PDF)
m-ECT希望症例の病状照会(PDF)

 

【受付窓口】

受付窓口:06-6992-1001 関西医科大学総合医療センター 精神神経科

ECT台帳に関しまして

ECTは向精神薬による薬物療法よりも長い歴史を持つものの、けいれん発作の質や治療効果について包括的に定量化して評価した報告は決して多くはありません。
そのため、ECT黎明期より“十分に全般化した発作”を出現させることが有効性を獲得する上で非常に重要であると広く認知されているものの、それを遵行するための明確な根拠はまだまだ十分とはいえないのが現状です。

臨床場面ではECTにおける有効けいれん発作の指標として、Mankadらが提唱した評価項目1)(―淑なけいれん発作持続時間 ∈険β仂里覇唄した高振徐波 5渊圓僻作後抑制 じ魎郷牲个龍淑魁砲鰺僂い討い泙垢、これまでのECT研究の多くが,鬟瓮ぅ鵐▲Ε肇ムとして用い、包括的( 櫚ぁ砲鉾作の質と臨床効果を検討した研究はほとんど存在していないことが問題点でした。
このため、我々はHoyerらが発表した、けいれん発作の質を包括的に0−3点で定量化することができるSeizure quality categories(SQC)2)などを用い、これまで経験的および感覚的に評価されることの多かったけいれん発作の評価場面を変え、ECT技術の均てん化を目指しています。

現在、当院と京都大学のECTグループではECT台帳をセッション毎につけて記録しています。
本台帳ではけいれん発作の質を包括的に評価するためのスケールであるSQCやCASBAS3)などが自動算出できるような仕様になっています。
本台帳によってデータの共有化などが簡易になり、多施設臨床研究の一助となればと願っております。

また、実際に使用してみてお気づきになる点がございましたら、御意見頂戴出来ますと幸甚です。

関西医科大学精神神経科学教室 青木宣篤 嶽北佳輝
京都大学附属病院精神科神経科 川島啓嗣 諏訪太朗

参考文献
  1. Mankad, M. V., Beyer, J. L., Weiner, R. D., & Krystal, A. (2010). Clinical manual of electroconvulsive therapy. American Psychiatric Pub.
  2. Hoyer, C., Kranaster, L., Janke, C., & Sartorius, A. (2014). Impact of the anesthetic agents ketamine, etomidate, thiopental, and propofol on seizure parameters and seizure quality in electroconvulsive therapy: a retrospective study. European archives of psychiatry and clinical neuroscience264(3), 255-261.
  3. Brunner, I., & Grözinger, M. (2018). Brief vs. ultrabrief pulse ECT: focus on seizure quality. European archives of psychiatry and clinical neuroscience268(8), 831-838

反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)のご案内(患者・医療関係者向け)

関西医科大学総合医療センター精神神経科では、うつ病治療の新たな選択肢として保険収載されたrTMS療法を施行しております。貴院へ通院中のうつ病患者様で当院でのrTMS療法をご検討いただいた際には、日本精神神経学会が策定した適正使用指針をご一読の上、当講座ホームページより病状照会をダウンロードして必要事項を記入していただき、FAXまたは直接送付ください。rTMS治療の適応である患者様にとって、治療につながる機会が広がることを期待しております。

rTMSをご希望の患者様におかれましては、まずは現在の主治医の先生にご相談ください。
主治医の先生に当科ホームページの記載内容をご確認、ご了承いただいた上で、当科へのご紹介を受けていただけますと幸いです。

当院のrTMS装置・治療室の様子
承認されている刺激プロトコール
  • 強度:120%安静時運動閾値
  • 部位:左背外側前頭前野
  • トレイン:10Hz、4秒(40パルス)
  • トレイン間隔:26秒
  • 総パルス数:3000刺激(75トレイン)
  • 総刺激時間:37.5分
  • 1日1回  合計15回~30回(3週~6週間)
    ※3週間で効果判定し、効果があれば30回(6週間)まで施行
<当院での適応となる方>
  • 20歳以上の方
  • 当科においても、うつ病(大うつ病性障害)と診断されていること(双極性障害は適応外となります)
  • 抗うつ薬による適切な薬物療法(1剤以上)で十分な改善が得られていないこと
  • 中等症以上の抑うつ症状を示していること
当院におけるrTMS施行手順
申し込み~外来
  1. ―駑爐任療応会議
  2. 当科rTMS外来受診 + rTMSの説明、同意取得 (+ 外来でのrTMS前検査)
  3. 診察後、診察や検査を踏まえた適応会議
  4. 入院
  5. て院での rTMS前検査
  6. rTMS施行
  • ※原則、当院の外来を受診の上、適応の判断および説明同意の取得をさせていただきます。
  • ※原則、毎日(月曜日~金曜日:病院営業日、祝日などがあった場合は土曜日)の施行ですので、6週間は入院で施行いたします。
    初回の効果評価の3週間は入院を必須とさせていただきます。
  • ※rTMS前後に必要と考えられる薬物調整を行う場合があります。

その他、ご不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。

受付窓口:関西医科大学総合医療センター精神神経科
FAX:
統合医療センター,地域のFAX
Mail:
tms@takii.kmu.ac.jp
医師
池田俊一郎
精神保健福祉士
鈴木美佐
rTMS施行希望症例の症状照会ダウンロード

NeuroStar® TMS治療装置見学のご案内(医療者関係向け)

施設見学の希望について

関西医科大学総合医療センターではrTMS療法に関する中核的医療機関の一つとして、普及活動にも力を入れております。
rTMS療法の導入をご検討されている医療機関の方に、実際に当院のrTMS療法の機器・設備を見学していただき、導入への疑問・取り組みなどをご質問していただければと思っております。
見学希望につきましては、下記までFAXもしくはメールでご連絡ください。後日、日程につきまして、調整させていただきます。

見学時間 約1~2時間程度
見学内容 rTMS治療室(設置場所)見学、操作見学、刺激音再現、質疑応答など
見学場所 関西医科大学総合医療センター
〒570-8507 大阪府守口市文園町10-15
問い合わせ・連絡先 関西医科大学総合医療センター 精神神経科 池田 鈴木
FAX:総合医療センター,地域のFAX Address:tms@takii.kmu.ac.jp

ジストニア外来

ジストニアに対して鍼治療のみの治療を行っています。詳しくは外来へお問い合わせ下さい。

ページTOPへ戻る

入院

病棟は関西医科大学総合医療センターの北館6階にあり、閉鎖病棟のみとなっております。
概ね満床ですので、外来受診のうえ入院予約が必要です。

当院の精神科病棟は、医院や一般精神科病院などでは施行できない検査や治療を目的とした難治症例・診断困難症例や、身体合併症例の積極的な受け入れに取り組んでいます。しかし、精神科医療が果たしている役割は、10年前と比較してもはるかに多様化し複雑になっているため、全てに対応しきれていない面もあります。
最近の研究で、医療の現場はそれぞれの個人・部署が直面する問題に対して医療の知識を単に適応するのではなく、現場で最適化した解決を試みる複雑適応モデルで説明ができることが分かってきました。我々は、当院のみに適応できるものではなく、医療、介護、教育を含めた分野で、円滑で連続した新たなネットワーク医療の普及を目指し、様々な取り組みを行っています。

ページTOPへ戻る

精神科リハビリテーション

精神科デイケア室



精神科デイケアは精神科リハビリテーションのひとつで、社会復帰・社会参加したいと考えている患者さんのリハビリと支援を行っています。
疾病教育やSST(Social Skills Training=生活技能訓練)、認知行動療法、ストレスケアマネジメントなどのプログラムを通して、自分の精神疾患・障害に関する知識を獲得し再発を予防できるようにすること、またコミュニケーションスキルや就労準備性・生活能力の向上のための練習を行います。

参加する人たちはこんな目標を持っています
  • 就労したい
  • 生活リズムを整えたい
  • 自分の病気のことを知りたい
  • 人との付き合い方を学びたい

このような悩みや問題を、同じ障害を抱えた人たちと一緒に練習していきます。当院デイケアの特徴としては年齢の若い方が多く、疾患も多彩です。
また、作業療法部門との連携により、入院時から外来まで幅広くフォローを行う訓練型の施設として位置付け、地域の他施設と密な連携を取り、それぞれの患者さんに最も適したリハビリテーション・就労などの社会復帰への道筋を提供しています。

デイケアのスタッフは、医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士などによる多職種で利用者の方々の相談と支援を行い一緒に社会復帰・社会参加を目指していきます。
デイケアは治療の一環として行われています。利用には主治医の許可が必要になります。見学も随時可能ですので詳しくは主治医にご相談いただくか、当院精神保健福祉士にご相談下さい。お待ちしております。

作業療法

精神科作業療法の対象者は、当院精神科病棟入院中の方、および外来通院中の方です。
参加者の年齢層は幅広く10代後半から80代で、30代〜40代の方が比較的多いです。
参加には主治医の許可が必要となります。

入院中の方対象の作業療法では、必要に応じて個別対応も行っています。
個人個人の目的に合わせた作業活動やプログラムを利用して頂き、退院後の生活へのスムースな移行を目指しています。

外来作業療法は、週1日から参加可能であり、個人のペースに合わせて参加頻度とプログラムを決めています。

一歩前に進みたいけれどどうして良いかわからない、他者との交流が苦手でなかなか外出ができないなど、社会生活上の困難を抱えておられる方々と、共に考え、作業をし、次のステップへ踏み出す勇気と力を養える場所を目指しています。

ページTOPへ戻る

心理部門

心理アセスメント

主治医の依頼を受け、外来および入院の患者さまに心理検査を用いた心理アセスメントを行っています。
ストレス対処力や性格特徴を把握したり、鑑別診断の一助とするために、一般検査、児童思春期および発達障害の精査、もの忘れ検査、デイケア検査、高次脳機能検査、精神鑑定補助検査、などを実施しています。
実施後は、検査結果をお伝えして支援につなげるフィードバック面接を行っています。

※心理アセスメント単独での受診はできません。主治医の診察にて必要と判断された患者さまに実施しています。

自費カウンセリング(心理面接)休止中

自費診療によるカウンセリング(心理面接)を実施しています。
外来に通院されている患者さまの中で、カウンセリングによる支援が必要だと考えられる方には、事前に心理検査を受けていただき、カウンセリングの適用についてアセスメントをさせていただきます。

患者さまのご希望を踏まえ、主治医と相談のもとカウンセリング導入の可否を判断させていただきます。
ご希望に添えない場合もありますので、ご了承ください。

対象の患者さまには、原則週1回45分(10回1クール)のカウンセリングを提供しています。
カウンセリングは自費診療扱いとなり、完全予約制で臨床心理士が担当致します。

<料金> 1回45分 6600円(予約金4400円、面接料2200円)

ページTOPへ戻る

コンサルテーション・リエゾン

リエゾン外来

身体疾患に罹患している患者さまは、健康な方に比べて精神疾患を合併しやすくそれによって、身体疾患の治療の妨げになることも少なくありません。
リエゾンとはフランス語で「連携」を意味し、精神科が各科の医師とはもちろんの事病棟スタッフ、ご家族と「連携」し精神的な苦痛の治療にあたります。

※院内紹介のみの対応になります。

精神腫瘍/緩和ケア外来

がんに罹患している患者さまは、早期より不安や抑うつなどの気持ちのつらさを精神的苦痛として感じる事が多く、全人的苦痛を対象とする緩和ケア医療において治療が必要とされています。
これらの気持ちのつらさを中心に専門の医師が治療にあたります。

※現在のところは院内紹介のみの対応しております。

術前術後外来

手術を受けられる患者さまで最も多い精神的な合併症はせん妄です。
せん妄とは一過性、変動性の意識障害で、術後に時間や場所がわからなくなったり、見えないはずのものが見えたり、点滴などの管を抜いてしまうような状態です。
これらの状態において、患者様の治療が長期化することを事前に防止する為に術前にせん妄の危険性を評価し、術後せん妄が出現した際には速やかに治療できるようにしております。

※院内紹介のみの対応になります。

ページTOPへ戻る

治験への取り組み

新薬の治験にも取り組んでいます。
精神科治療の重要な部分を薬物療法が担っているものの、またまだまだ効果が不十分な現状を鑑み、
画期的な新薬の登場を一日でもはやく臨床に提供するために治験には積極的に取り組んでいます。
近年新たに市販された薬剤(抗精神病薬、抗うつ薬、認知症治療薬)の大半は、当科で治験を実施していた薬剤です。

治験にご関心のある方は、当科の担当医もしくは当科外来にお尋ねください。
当院治験管理センターのホームページ(下記アドレス)もご参照ください。

関西医科大学総合医療センター 治験管理センター

ページTOPへ戻る