腎・泌尿器、膠原病グループ

スタッフ

金子一成辻 章志木全貴久山内壮作、蓮井正史(非常勤講師)、磯崎夕佳(研究医員)、田中幸代(非常勤嘱託医)武輪 鈴子(非常勤嘱託医)、木野稔 ( 学外臨床教授 ) 、東野博彦(非常勤講師)

私どものグループは腎炎・ネフローゼ症候群のお子さんについて、腎生検を含む確定診断および最新の薬物療法を行なっているほか、夜尿症、尿路感染症や尿路奇形の診断・治療を行っています。 さらに全身性ループスエリテマトーデスや若年性特発性関節炎、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病など小児期に見られる膠原病の診療・研究にも当たっています。   また他の疾患で入院中の患者さん(新生児や血液悪性腫瘍、先天性心疾患)における合併症としての急性腎不全に対して腹膜透析、 CHDF などの血液浄化療法も行を、全ての腎泌尿器疾患の診療に当たれる体制をとっています。  学会活動としては日本小児科学会、日本小児腎臓病学会はもちろん、日本小児腎不全学会、日本小児体液研究会、日本小児高血圧研究会、日本夜尿症学会、日本小児泌尿器学会など国内の主要学会に毎年数多くの演題を発表しているのみならず、国際小児腎臓病学会にも複数の演題を発表し、多くの優秀発表賞を受賞しています。 研究面では「難治性夜尿症の病態解明とその治療」、「ネフローゼ症候群患者のリンパ球の機能異常の解明」や「シクロスポリン腎症における一酸化窒素の関与」「動物実験における経口補水液の有用性の研究」などを行っています。すでに一部の成果は和文、英文で誌上発表もしています。   関連病院の先生方や関西地区の多くの小児腎臓病専門医の先生方と緊密な協力体制を取りながら患者さんにとってベストの医療を目指して日々、頑張っています。

▲ ページ先頭へ