診断病理clinical pathology

byouri


一般目標(GIO):
[日本病理学会のGIO] 病理専門医として適切な医療に貢献するために、診断病理学に必要な技能、知識、態度を身につける。
[当講座独自のGIO] 質の高い無理のない病理研修トレーニングをきめ細やかに個性を重視して実践する。当講座では、協調性をもった高い診断能力を持つ病理医を育成する。

研修中の身分:大学院生・研究生・研究医員(枚方病院)

当講座の研修の特徴:
○研修医師のルーチン業務は、義務ではありません。
→ 無理なくゆっくり標本を読みこなす習慣をつけてもらいます。
→ Pattern 認識による診断ではなく、Logical な読み解く診断をゆっくり伝授します。

○到達目標に合わせて、個性を生かした研修をします。

○ 日本病理学会病理専門医手帳・行動目標に準じて、常に到達度を確認します。

○研修途中で移動した場合も責任をもって、次の指導者に申し送りします。
研修途中での受け入れでも、丁寧に研修開始していきます。

当講座の指導責任者:上野 博夫(教授)

研修終了後の推薦について:
当講座で研修後、受験する場合は、研修管理責任者研修指導責任者の連名により、到達度のダブルチェックを行ったうえで、慎重に推薦する。

研修終了の目安と到達度の判定:
病理診断は平成元年の保険点数改定により、「医行為」と定義されていますので、病理診断の研修は認定施設の研修指導責任者が病理診断能力の到達度を判定します。

当講座は、日本病理学会認定施設 関西医科大学附属枚方病院(大学附属病院本院)に隣接した教室系病理です。当講座の研修指導責任者は、日本病理学会認定施設の研修指導責任者を兼任しています。(学内には、病理学第二講座、臨床検査医学講座があり、それぞれの講座の研修指導医が、認定施設の研修指導責任者に任用され、講座単位で病理専門医の育成を行っています)当講座の研修では、忙しいルーチン業務を強いられなくても、病理専門医を取得することが可能です。もちろん、研究主体でも病理研修を兼任し、専門医を取得できます。

1

1年目の到達目標 病院・大学講座内

  • 病理業務に関わる知識を習得する。
  • 病理業務に関するリスクマネージメント・医療廃棄物について説明できる。
  • 病理業務の資料を管理し、保存できる。
  • 病理業務で得られた人体材料を研究に用いる際の手続きを説明できる。
  • 基本的な病理組織標本の作製方法を説明できる。
  • 免疫組織化学染色の原理を説明できる。
  • 電子顕微鏡標本の作製過程を説明できる。
  • 分子病理学的検索の原理を説明できる。
  • 病理診断に必要な臨床事項を的確に判断し、病理診断との関連性を説明できる。
  • 剖検方法の習得。
  • 上級医とともに剖検の切り出しと写真撮影ができる。
  • 標本を読み、上級医と議論できる。
  • 上級医のもと剖検診断を作成し、プレゼンテーションを作成することができる。
  • 上級医のもとCPCでプレゼンテーションをわかりやすく行うことができる。
  • 手術材料の切り出し方と手術材料の標本を上級医と読むことができる。
  • 生検材料の診断を上級医と行うことができる。

  • 2年目の到達目標 病院・大学講座内
  • 上級医の監督のもと剖検を一人で行うことができる。
  • 剖検の切り出し、マクロ所見をとることができる。
  • 標本を読み、上級医と議論することができる。
  • 病理診断に対して、コンサルテーションの必要性を判断できる。
  • 剖検診断を作成し、プレゼンテーションを作成することができる。
  • 臨床事項と考察を含めた病理解剖報告書を作成することができる。
  • CPCでプレゼンテーションを行うことができる。
  • CPCで主治医と議論することができる。
  • 手術材料の切り出し、標本を代表的な疾患の診断を行うことができる。
  • 生検の診断を行うことができる。

  • 2年目の到達目標レベルを評価し、十分な到達となったことを確認できた場合、病院病理部もしくは関連病院病理部での更なる研修を許可する。あくまで、個人に合ったプログラムが組める施設との協同で、研修を行う。死体解剖資格の申請が2年目修了の目安となる。


    3・4年目 関連病院病理部/付属病院(枚方、滝井)病理部
  • 剖検を一人で行うことができる。
  • マクロ所見をわかるように切り出すことができる。
  • 標本を読み、マクロ所見との対比を含め、上級医に説明することができる。
  • 剖検診断を作成し、プレゼンテーションすることができる。
  • 術中迅速診断標本の切り出し、標本評価、報告を上級医とともに行うことができる。
  • 手術材料の切り出し・標本の診断を行うことができる。
  • 生検の診断を行うことができる。
  • 迷う症例に対して、適切な上級医へのコンサルテーションを行うことができる。

  • 上級医は、3,4年目到達目標レベルを評価し、病理医としてのルーチン業務がある程度こなせるようになったかを判定する。


    5年目 病院・講座内
  • 週数回の関連病院の病理診断の支援を行うことができる。
  • 偏よらない臓器・組織から得られた生検、手術材料を診断し、報告書を作成することができる。
  • 術中迅速病理診断において、良悪性の判定をし、適切は報告ができる。
  • 基本的な病理組織標本の作製ができる。
  • 病理業務におけるバイオハザード対策が実行できる。
  • CPCや臨床とのカンファランスなどでも病理所見を的確に説明できる。
  • 学生・臨床研修医・病理専門医初期研修医に対して指導ができる。
  • 病理業務に関してコメディカルと強調できる。
  • 病理診断の精度管理について関与できる。
  • 学会・研修会に参加して、知識を深められるようになる。
  • 病理業務の社会的貢献に積極的に参加する。
  • 免疫組織化学染色の原理を説明でき、結果を評価できる。
  • 電子顕微鏡標本の作製過程を説明し、結果を評価できる。
  • 週数回の関連病院の病理診断の支援を行うことができる。
  • 診断困難症例のコンサルテーションが適切に行えるようになる。
  • 上級医と症例についてコンサルテーションが行うことができる。
  • 外科病理に関する症例報告・研究立案を上級医とともに行うことができる。
  • 幹細胞研究のテーマをもとに、興味のある関連臓器に関する研究を上級医とともにすすめることができる。
  • 外科病理学の症例・ガイドラインにある症例を中心に症例をまとめ、理解することができる。

  • *到達目標ごとに病理研修指導責任者が判断し、手帳に印鑑を追加する


    *1年に一度、最終チェックを行って、研修を1年間行ったことを証明する。


    研修管理責任者研修指導責任者による推薦書のサインを経て、受験を許可する。





    また、下記の「病理医へのキャリアパス」「病理医となるためには Q&A」「当講座で取得できる資格」「病理初期研修講義」も合わせて御一読下さい。( ※pdfファイルが開きます )


    病理研修のキャリアパス


    QandA


    当講座で取得できる資格


    病理初期研修講義

    ページの先頭に戻る