医化学講座 (医科学専攻・分子生体機能学)


はじめに

◆ 医化学講座では

 痛覚伝達経路、特に脊髄における慢性疼痛の発生維持機構・末梢神経修復再生機構に焦点をあて、神経可塑性、シナプス伝達制御などを体系的・統合的に解明し、基礎研究の成果をトランスレーショナル研究に発展させることを目指し

1. 動物モデルを用いた慢性疼痛の発生維持機構と神経再生機構
2. 多光子励起顕微鏡や質量顕微鏡による分子イメージング
3. 神経可塑性における細胞内・細胞間情報伝達機構
4. 新しい生体機能分子・遺伝子の単離と機能解析

のテーマについて個体レベルから物質レベルまで幅広いアプローチで脊髄を中心に研究を行っています。

写真

疼痛研究の最前線

更新履歴

できごと・業績のページは随時更新しています
2016/04/01 … 研究員のページを更新
2015/11/01 … 教員情報のページを更新
2015/07/07 … 教員募集について 更新
2015/07/01 … スタッフのページ更新
2015/01/21 … 教室のできごと、スタッフのページ更新
2014/05/19 … 教室のできごと更新
2014/04/03 … 教室のできごと更新
2013/10/01 … 教員情報のページを更新
2013/03/21 … 大学移転のため連絡先を変更しました
2012/12/17 … 教室のできごと更新
2012/09/20 … 英語のページを掲載
2012/05/17 … スタッフのページを更新
2011/08/22 … 教員情報、業績、教室のできごと更新
2011/05/27 … 業績更新
2010/12/20 … 教員情報、業績更新
2010/12/17 … 教育について 医化学演習レポート情報
2010/07/28 … 教員情報更新
2010/04/30 … 教室のできごと更新
2010/02/04 … トップページ、研究内容 更新
2010/01/27 … 講座紹介 更新
2010/01/15 … ホームページリニューアル

ページトップへ戻る