1. HOME
  2. > ご挨拶

ご挨拶

内科学第三講座(消化器肝臓内科) 主任教授 岡崎 和一

 

日本人に多い消化器疾患には上部消化管、下部消化管、肝臓、胆道、膵臓疾患などが挙げられますが、当教室ではこれら全ての領域をカバーする最先端の医療を実施し、併せて教育と研究も行っています。大学病院の使命は最先端の医療を最新の研究成果に基づいて行う点にあり、サイエンスとしての医学とアートとしての医療技術をいかに統合していくかが大きな課題となります。当教室では “炎症と発癌”をキーワードにこの課題に取り組んでいます。上部消化管では、ヘリコバクターピロリ感染と消化性潰瘍、胃癌、悪性リンパ腫など、下部消化管では大腸癌や炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)を、肝臓疾患では自己免疫性肝疾患、ウイルス性肝疾患、肝臓癌を、胆膵疾患では重症急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、膵癌、胆石・胆管炎、胆道癌などを主な対象として、新規診断法、内視鏡や化学療法を中心とした治療、さらに病因・病態に関する研究や多施設協同研究による臨床研究・治験などを行っています。また、頻度の高い疾患だけでなく、いわゆる難病にも積極的に取り組んでいます。具体的には、厚生労働省の難治性疾患克服事業による多くの研究班(難治性膵疾患調査研究班・難治性腸疾患調査研究班・難治性肝胆道疾患調査研究班・難治性腸疾患の画期的治療開発研究班・小腸潰瘍、IgG4関連疾患)に参加しており、新しい診断や治療法の開発にかかわっています。

以上述べた医療技術の面だけではなく、教室員の“和”を重んじ、また患者様に「安らぎ」を得て頂けるよう、専門性を発揮しつつ全人的診療の実践を目指して努力しています。

今後とも関西医科大学内科学第三講座(消化器肝臓内科)をよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ