1. HOME
  2. > 各領域の診療・研究紹介
  3. > 肝臓

肝臓

診療

急性肝炎(劇症肝炎)・慢性肝炎・肝硬変・肝癌、薬物性肝障害、アルコール性肝障害、難治性の肝臓病である自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変症さらに生活習慣病に関連した脂肪肝・脂肪性肝炎などを対象とします。

  1. 劇症肝炎など肝不全に対し、高度救命救急センターの協力のもと、血液浄化療法を中心に最高水準の集学的治療を提供し救命率向上に努めています。
  2. 慢性肝炎(B, C型ウイルス性肝炎)に対しては、肝生検に基づいた病期診断を行い、インターフェロンをはじめ最新の抗ウイルス療法を提供しています。
  3. 肝癌(肝細胞癌、転移性肝癌)に対しては、各種画像診断、腫瘍生検により早期診断に努め、放射線科協力のもと血管造影下のCT検査を駆使し、マイクロ波、ラジオ波など医療工学機器を用いた最先端治療と肝動脈塞栓療法を用いて集学的治療を実践しています。高度進行肝癌に対しては、分子標的薬を用いた全身化学療法、リザーバーによる抗がん剤動注治療や放射線照射療法などを行っています。
  4. 肝移植に関しては、近畿圏の移植外科との連携を基に、肝移植の窓口となるべく、積極的に取り組んでいます。

研究

肝線維化、肝発癌あるいは自己免疫性肝疾患の機序の解明、肝癌局所治療の開発の他、各種肝疾患の臨床データを用いた情報発信とともに新薬治験にも積極的に参加し最新情報の取得にも努めています。

臨床研究に関する情報

【C型慢性肝疾患に対する抗ウイルス療法】

【肝原発神経内分泌腫瘍】

【原発性胆汁性胆管炎】

【自己免疫性膵炎患者の膵ならびに膵外病変における制御性T細胞の解析】

ページトップへ